FC2ブログ

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田教子

「聖ドミニコの生涯」 「ファンジョー,プルイユ,ツールーズ」Ⅵ

紫式部


ドミニコは、非常に遠慮深い人だった。町から町へ、村から村へと説教して歩くとき、埃だらけで疲れ果てた姿でどこかの家に着いてその家の人をうろたえさせることを欲しなかったので、目指す町や村に近い泉や流れのほとりに足をとめ、そこで顔や足を洗って身をととのえ、水を飲んで渇きをいやしてから着くようにしていた。モレアルの町から二キロ位離れた木立の中の泉も、ドミニコがそのように用いた場所だと言い伝えられている。
 ドミニコは、司教になるよう、少なくとも二度要請されているが、いつもことわっている。彼は位階など持たず、単なる説教者に過ぎない自由を大切にしていたのである。彼の使命は説教を続けることであった。
 1215年、種々の事情から、「イエス・キリストの説教」はツールーズに中心が移され、ドミニコはツールーズに移る。ドミニコの活動はここでも実り多く、婦人たちの改宗者もあって、プルイユのようなセンターがここにも設立される。
 ここで、画期的なできごとがおこった。1215年4月、ツールーズの富裕な市民二人がドミニコの手の中に誓願をたてたのである。かれらのうちのひとり、ピエール・セイラはナルボンヌ城に接する自分の家を、ドミニコとその兄弟たちに提供した。この家は、今でも昔のままの外観を保ち、ドミニコがそこで休んだといわれる部屋もみることが出来る。ここで、通称ドミニコ会と呼ばれる「説教者兄弟会」はうまれた。
 この家は、ナルボンヌの門のそばにあり、三世紀以来町の城壁となっていたガロ・ロマン様式の壁を一部とりいれた形になっている。この家を得たことは、ドミニコと兄弟たちにとって幸運であった。戦乱が続く中にあって、期せずしてナルボンヌ城の庇護のもとに置かれたことになる。また、ナルボンヌの門からの道は、ファンジョー、プルイユへの道でもあった。こうして、これまで、説教行脚に出ていない時は小さな町ファンジョーか、畑に囲まれたプルイユに住んでいたドミニコは、初めてツールーズという大都市に居を構えることになった。
 これまでの修道会が、町を離れて、あるいは山の上に、あるいは田園に修道院を設けたのに対し、ドミニコは都市に修道院をもうけた。とはいうものの、ドミニコは、好んで町の内と外の境い目、町の門のそばに修道院をもうけた。いくつかの町では、城壁から直接修道院に出入りする口をつける特権を得、町の門がしめられた後でも自由に出入りできるようにして、兄弟たちの説教活動を容易にした。
スポンサーサイト



「聖ドミニコの生涯」 シスター武田教子

「聖ドミニコの生涯」 「ファンジョー,プルイユ,ツールーズ」Ⅴ

百日草2


 ピエール・ド・カステルノーの暗殺を引き金に、教皇は十字軍を要請し、1209年6月、リオンに集合した十字軍は南仏を襲い、カタル派の町を次々に占領していく。十字軍の頭は勅使アルノー・アモリイだった。
 ドミニコが十字軍に協力したという資料は何一つない。反対に彼がこれに加わろうとしなかったという資料はいくつもある。信仰と平和のための教会の仕事の中でドミニコは自分の分を選んだ。1206年6月、モンペリエでディエゴと共にいたとき識別したもの、即ち、教会から派遣されて、キリストが弟子を派遣なさったときのようにつつましい仕方で説教することを、ドミニコは決して捨てなかった。
 それに、十字軍を要請した同じ教書の中で、教皇は、南仏の教会の責任者全員に説教活動を盛んにすることを命じていた。ドミニコは、まさにこのつとめを、静かにしかし実りをもたらしながら続けていたのである。十字軍のように華華しく日を追った記録は残っていないが、あちこちに散在する証言をつなぎ合わせると、ドミニコの活動は、この期間に、プルイユとファンジョーを中心に、東西南北、非常に広範囲に及んでいることがわかる。
この時代の逸話のいくつかをお伝えしよう。いずれもドミニコの面目躍如たるものがある。
 ある日のこと、ドミニコがプルイユからファンジョーに行こうとして歩いていたとき、こんもりとした茂みの後ろに、ドミニコを襲うためにカタル派の領主たちが送った伏兵がいた。彼らは、ドミニコを捕らえて領主たちに渡すようにと命ぜられていた。宗教的熱狂が最高の残虐行為をも正当づけたこの時代のことである。生きながら捕らえられるのは、その場で殺害されるより更に悪かったに違いない。ドミニコは、伏兵がいることを告げてくれた人がいたにもかかわらず、「喜ばしげに歌いながら」その道を通った。伏兵はその姿に圧倒されて手を出すことができなかった。
 また、ある日のことカルカッソンヌからモレアルへの途次、ドミニコが一人の伴侶と祈りながら歩いていると、突然激しい大雨となった。ところが、ドミニコと伴侶の周囲ニメートルだけはけっして雨が降らなかったので、二人は少しも濡れずにモレアルに着いた。

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田教子

「聖ドミニコの生涯」シスター武田教子「ファンジョー,プルイユ,ツールーズ」Ⅳ

dominiko.jpg


 1207年の夏、ディエゴは、二年余りも留守にしたオスマの司教区の仕事を整理するため、そして、恐らく、南仏での説教のために同志と資金を集める意図をもって、オスマに向って出発した。この意図は、十年以上も常に行動を共にしていたドミニコを南仏に残して自分だけオスマに向かったことでも察せられる。パミエで異端者との大論争があり、ここで改宗したカタル派の教師が今度はカトリックの説教者として活躍を始めるというできごともあり、「イエス・キリストの説教」は次第に成果をあげていく。
 十年来、常に行動を共にしてきたディエゴと別れて南仏に踏みとどまったドミニコの胸中はどのようなものであったであろうか。さて、数週間後、オスマに着いたディエゴは、そこで精力的に仕事を整理し、再び南仏にむけて出発しようとしていた矢先に病を得、1207年12月30日、没した。
 三週間後、ドミニコは、ディエゴの死と、ピエール・ド・カステルノーの暗殺(1208年1月14日)とを続けて知ったのである。ピエール・ド・カステルノーは、前にも述べたように、容赦ない性格で、異端を壊滅させるためには決定的な手段をも辞さなかったので、論敵の恨みを買ったのである。ラウルは、既に病没していた。アルノー・アモリは留守だった。シトー会の院長たちはそれぞれの修道院に帰ってしまっていた。やっと成果をあげはじめた膨大な仕事を前に、ドミニコはただひとりの指導者として残ったのだった。

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田教子

「聖ドミニコの生涯 」 シスター武田教子 「ファンジョー、プルイユ、ツールーズ」Ⅲ

梅


 いつもアイディアにあふれていたディエゴは決して困らなかった。 彼は、これらの人びとで修道院をつくる決心をした。共に住み、共に祈り、娘たちの教育を続けることができよう。他方、カタル派の説教者の宿泊施設のようなものをカトリックの説教者に提供することもできよう。
 こうして、1206年から1207年にかけて、プルイユに「イエス・キリストの説教」のセンターができた。これがモデルになって、数か月後にはあちこちに説教センターがつくられてゆく。
 プルイユの荒れたサント・マリー教会をこのセンター修道院として譲り受ける代わりに、ドミニコはファンジョーの教会の主任司祭となることを承諾し、カタル派の中心地であるこの町で、困難な司牧活動にもたずさわることになる。プルイユの修道院の最初の共同体をつくった十二人の修道女の名のリストが今も残っているが、それによると、数人は貴族階級に属した人たちであったことがわかる。女子修道院に隣接して、ドミニコと共に働く説教者たちや、家族ぐるみ、財産ぐるみで説教者たちの仕事を助けようとする人、あるいは、不安定な世情の中で少しでも安定を求めようとする人たちが住みついていった。事実、二年後の十字軍の嵐の中にあっても、プルイユは荒らされることなく、かえって十字軍の保護を受けてそこで生活を続けることができたのであった。

[聖ドミニコの生涯 シスター武田教子]

[聖ドミニコの生涯 シスター武田教子] 「ファンジョー、プルイユ、ツールーズ」Ⅱ

mzria.jpg


 ドミニコが立っていた高台の下、畠の中を徒歩で二十分位行くと、東西南北の道が交錯する地点がある。プルイユである。言い伝えによろと、ドミニコが、夜、この高台で祈っていると、三晩続けて、火の玉が夜空を横切り、旋回してプルイユの教会の上にとまるのを見た。ドミニコはそこに神からのしるしを読みとり、この交通の要所、プルイユに宣教の拠点を設けることになる。このできごとを記念して、この高台は今もセニャドゥ(神のしるし)と呼ばれている。
 封建時代の初期、プルイユは或程度の重要性をもっていたが、ディエゴ、ラウル、ドミニコがプルイユ周辺で活動をはじめた頃は、見張り塔はこわされ、代わりに風車がたっていた。教会もすっかり荒れて、ファンジョーの教会の附属教会になっていた。十二世紀、ロラゲ一帯は、ツールーズ対ベッジェ・カルカッソンヌの勢力争いの場だったので、平地のプルイユは守り難く、人びとは周囲に散ったが遂にはそこも捨てて、農民も貴族もファンジョーの城壁の中にのがれたのである。
 「イエス・キリストの説教」は、間もなくプルイユに何人かの信者を得た。荒れはてていたプルイユの教会で祈りやミサが行われるようになった。ところが、ここで何人かの婦人たちの改宗があり、宣教は新しい展開をする。
 先に、カタル派の婦人たちが自宅を開放して説教者の世話をしたり、説教や儀式の場を提供していたとのべた。多くの婦人たちは更に、完全者の共同体を営み、自分たちの財産も労力もすべて提供して、カタル派説教者たちの宣教活動を支え、説教者たちが憩い、食事をとり、宿泊して力をとりもどして再び宣教にでかけていくセンターの役割りを果たしていた。また、共同体の中に若い娘たち、時には七才、五才、二才の幼児まであずかって、自分たちの信念に従って教育していた。こうした婦人や娘たちのある人びとがカトリックに改宗したのである。彼女たちは、家族がカタル派なので、家族のもとに帰るわけにはいかなっかたばかりでなく、熱心な信仰者として今までカタル派の中でしてきた生活に匹敵する生活の場を、カトリック教会の中で見いださなければならなかったのではないか。
プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR