FC2ブログ

主のご降誕を心からお喜び申し上げます

幼子イエスのご降誕を心からお喜び申し上げます。


幼子


 永遠の父よ、みことばは人となり、世界に光が与えられました。信じる者の心に注がれたキリストの光が、日々の生活に輝くものとなりますように。(教会の祈り、主の降誕 朝の結びの祈願)

全世界でいろいろな災害が起こり、また多くの難民の方々が苦しい生活を強いられています。どうか神様 いま苦しんでいる人、悲しんでいる人の中にいてください。そして少しでも幸せをかみしめることができますように。そして幼子イエスの平和と喜びが与えられますように。 私も自分の出来る事で神様のため 人々のために奉仕できますように お祈りしたいと思います。

 どうぞ良い年をお迎えください。
スポンサーサイト



「来ませ主よわれらに」

「来ませ主よわれらに」
冬3

もうすぐ待降節第三週を迎えます。
 師走も半ば、あれもこれもと多忙をきわめ、流されそうですが流されてはいけないと踏ん張って、幼子イエスの降誕を待ち望みたいと思います。
 地震、豪雨、台風・・・・・etc、次々に起こる災害に、前の災害を忘れてしまっています。目覚めて祈らなければと思いつつ、目まぐるしい日々に右往左往しています。
 至らない自分を目の前にして、それでも心の奥深くに幼子イエスさまへの希望、「主が来てくださる、どんな苦しみの中におられる方々のところにもイエスさまは来て、共にいてくださる。」という希望があります。
 出来る事をしながら、良いクリスマスを迎えたいと思います。
 皆さまも多忙の日々をお過ごしと思います。幼子イエスさまの平和と喜びがありますように心からお祈りしたいと思います。

「希望の源である神、いつもわたしたちのそばにいてくださる方、あなたのもとに集まり、キリストを待つ私たちうを、聖霊によって一つにしてください。喜びのうちに、あなたを賛美し続けることができますように。」(待降節第三主日、集会祈願より)

プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR