FC2ブログ

{聖ドミニコの生涯} シスター武田教子

{聖ドミニコの生涯} シスター武田教子  「イエス・キリストの説教」 Ⅰ


梅 1



 南フランス、地中海から大西洋に亙っては、ロラゲの平野が横たわっている。有史以前から、多くの民族が、この自然の通路を往来した。ツールーズとカルカッソンヌがここの重要な町で、政治的、経済的中心であったが、十二世紀には巡礼者、十字軍、また、さまざまな説教者の往き交う宗教的中心ともなっていた。
 1207年のはじめ、ディエゴとドミニコは、だいたいこの地方のローラック・ル・グラン、ファンジョー、モレアルの三つの町の周辺に居を定めるようになる。まず、この三つの町の素描をお伝えしよう。
 ローラック・ル・グランは、かつてロラゲでもっとも強力な町であった。領主は三代に亙って熱心なカタル派であり、町の中には「完全者(カタル派として完成した人とみとめられた人)の共同体」や、「完全者の合宿所(説教しながら町から町へと歩くカタル派の宣教者たちに食事や衣服を供し、宿泊させ憩わせる奉仕施設)」があった。有名なカタル派指導者がおり、その説教をきくために近郊から領主や貴族たちが集まってきていた。
ローラックから東に80キロメートルのところにあるファンジョーは、現在は、人口870人位の小村に過ぎないが、古くはこの地域の交通の要所であった。それで、ローマ人もここに住みついてジュピテルの神殿を建てている(ファンジョーの名もこれに由来する)
 中世の諸侯もここを根城ににしたが、十三世紀初頭には50家族以上の貴族がここに住み、主権は極端に分断されていた。
ローラックと同じく、ファンジョーの貴族たちも十二世紀以来カタル派に熱心で、この信仰の二代目、三代目、時には四代目信者もいた。ここにもいくつかのカタル派共同体があった。また、カタル派に改宗した婦人たちの何人もが、自分の家を、説教や儀式のために開放し、周囲の異端者がここに熱心に通ってきていた。そのうえ、ファンジョーには少なくとも二人のカタル派医者がおり、彼らは、ロラゲ全体に医者として尽くしながら同時に異端を広めていた。また、職人組合もあったので、異端者は、ファンジョーを中心としてあらゆる階層に接触することができた。それで、ファンジョーはカタル派の総本部の様相を呈していた。
 ファンジョーからカルカッソンヌへの道を八十キロ行ったところにモレアルがある。これもカタル派の一中心地であった。領主はロラゲの領主中の最強力者であり、カタル派信者で、完全者たちを保護していた。ここにもカタル派の共同体がいくつかあり、有力な指導者もいた。主だった貴族や市民は自分たちの家に説教者を招じ世話をしていた。そして、カタル派の儀式、祈り、説教には多数の者が列席していた。

スポンサーサイト



プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2019年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR