FC2ブログ

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田 教子

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田 教子 「イエス・キリストの説教」 Ⅲ

sakura5.jpg


モレアルの近くでおこったということだけがわかっているあるできごとがこの時のことだとすると、ドミニコはこの論争のある部分を受け持った。或る夜、ドミニコは、自分が論争中に引用した聖書や教父のテキストを書き出し、よく考えるようにとカタル派側に渡した。すると、そこで次のようなことがおこったといわれている。
 「夜間、異端者たちは火のまわりに座っていた。ドミニコから紙を渡された人は、それをまわりの者に渡した。その時、仲間たちはその紙を火の中に投げ込むことを提案した。もし焼けてしまえばそれは信用するに足りないものであり、焼けなければ信ずるべきだろう。全員この提案に賛成した。そして紙を火中に投げ込んだ。紙は火の中にしばらくとどまっていたが、焼けることなく火から飛び出してきた。皆は呆気にとられた。より頑なな者が、『もういちど火に投げ込め。そうすれば真理がもっとはっきりわかるだろう』と言った。それで、もういちど火中に投じたところ、もういちど、焼けることなく出てきた。これを見た頑なな者は、『三度投げ込め。そうすればはっきりするだろう』と言った。それで三度投げ込んだ。しかし紙は燃えず、そっくりそのまま出てきた。しかし、これを見ながらも、異端者は改宗しようとはしなかった。そして心の頑ななままに留まり、この奇跡が知れ渡らないようにといましめた。しかしそこに居合わせ、既にカトリック信仰に傾いていた一騎士が、自分の見たことを隠すのをよしとせず数人に語ったのである。」
 この逸話は、典型的なものである。論争の裁定者は、それだけ知的なものを持っていなかったので、テキストを読むよりも奇跡に頼ろうとした。しかし、モレアルの人びとは、奇跡と反対の決定をした。・・・・・
 この論争は、当時の神学論争のやり方にならっている。即ち、テーマをいくつかの質問にわけ、それをまず二流の神学者の間で論争させる。次に師たる者が、こうして解けかかった質問をひとつずつとりあげ、結論または決定にもっていく。こうして問題全部を扱った後で、敵味方それぞれ自分たちで集まって、証明と反論を付しながら論争をまとめ、決定を記す。
 このモレアルの論争では、何人かの説教者がまとめをつくったがドミニコのまとめが最良と判断され、カトリック側の代表としてえらばれたという。
スポンサーサイト



プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR