FC2ブログ

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田教子

 「聖ドミニコの生涯」 「説教者兄弟会の誕生」Ⅲ

新年


 ピエール・セイラの家に住む共同体が、具体的にどのような生活をしていたかは書き残されていない。しかし、多分
千二百十五年の夏頃のことと想定される次のような話が伝わっている。ツールーズの聖ステファノ教会参事会の神学教授であったイギリス人のアレクサンダー・スタべンスバイ(彼は1217年の半ばまで聖ステファノ教会で教えていた)が授業をしていると、ドミニコが、同じ服をつけた六人の仲間と共に教室に入ってきて、講義をきかせてほしいと願った。教授は喜んでその願いをいれ、以後、かれらと親しい友情を結んだ、というのである。これはドミニコが、最初から、説教の源泉として神学を重視していたことを十分に示すものである。ツールーズで、説教は、焦眉の急務であった。それにもかかわらず、ドミニコは、兄弟たちが神学を学ぶ時間をとることを欲したのである。ジョルダン・ド・サクスの記録によれば、先の十分の一税からあてがわれたもので購入する必需品の筆頭に本があげられている。
 それまで、修道生活の中で大きな位置を占めていた手仕事は、ドミニコの共同体では姿を消し、勉学と説教がこれに代わっていた。これも全く新しいことであった。
 1215年4月、二人の仲間で発足したこの共同体は、急速に仲間の数を増し、夏には少なくとも六人の仲間がいた。しかし、この名前の残っている六人のほかにも、もっと仲間がいたに違いない。とにかく、共同体は、間もなく一軒の家に入りきれなくなって、同じくピエール・セイラがドミニコに提供した他の二軒の家にも分宿することになった。翌年は、より広い場所を求めて引っ越しをすることになる。ディエゴ司教と共に九年前にはじめたこの活動は、まさに結実の時を迎えたのである。
 1215年9月のはじめ、ドミニコは同年11月ローマで開かれる第四ラテラノ公会議に出席するフルク司教と共にローマに向う。10月のはじめ、フルク司教とドミニコはいっしょに教皇に会うことができ、「説教者の会と呼ばれ、真実説教者である会の確認」を教皇に願ったのである。

スポンサーサイト



プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR