FC2ブログ

主のご復活を心からお喜び申し上げます。

まんさく


『 キリスト・イエスが抱いたと同じ思いを抱きなさい。

 キリストは神の身でありながら、神としてのありかたに固執しようとはせず、かえって自分をむなしくして、しもべの身となり、人間と同じようになった。その姿はまさしく人間であり、死にいたるまで、死にいたるまで、十字架の死にいたるまで、へりくだって従う者となった。それゆえ、神はこの上なく彼を高め、すべての名にまさる名を惜しみなくお与えになった。こうして、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるものはすべて、イエスの名においてひざをかがめ、すべての舌は「イエス・キリストは主である」と表明し、父である神の栄光を輝かす。』 (フィリッピ人への手紙2:5-11 フランシスコ会訳)

 このフィリッピへの手紙は、「教会の祈り」の中で、毎土曜日、晩の祈りで唱えられています。ですから年に50回以上唱えられています。それだけ大切な祈りなのですね。キリストが模範を残されたように、私たちも従うものとなっていきましょう。一回ではできません。平凡な日常の中で、少しずつ努力していくことが大切だと思います。諦めないで、力をくださいと祈りつつ歩んでまいりましょう。今、ここにいる、生きていることが奇跡のような時代に生きている私たち、今こうしていること、生きていることに感謝しつつ、周りに目を向け、困っている人、泣いている人、希望を失っている人のそばで、大したことはできなくても、自分のできる小さな小さなことで奉仕していきましょう。どうぞ私の出来ることで、何かお手伝いができますようと祈りつつ。

「主イエスよ、多くの苦しみの中で救いを求めている人々を、あなたの復活の光で照らしてください。かれらがまことの希望にささえられて困難にうち勝つことができますように。」(教会の祈り 復活の主日 朝の共同祈願より)

  アレルヤ アレルヤ 主のご復活を心からお喜び申し上げます。


こぶし 1
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR