FC2ブログ

「聖ドミニコの生涯」 シスター武田教子

「聖ドミニコの生涯 」 シスター武田教子 「ファンジョー、プルイユ、ツールーズ」Ⅲ

梅


 いつもアイディアにあふれていたディエゴは決して困らなかった。 彼は、これらの人びとで修道院をつくる決心をした。共に住み、共に祈り、娘たちの教育を続けることができよう。他方、カタル派の説教者の宿泊施設のようなものをカトリックの説教者に提供することもできよう。
 こうして、1206年から1207年にかけて、プルイユに「イエス・キリストの説教」のセンターができた。これがモデルになって、数か月後にはあちこちに説教センターがつくられてゆく。
 プルイユの荒れたサント・マリー教会をこのセンター修道院として譲り受ける代わりに、ドミニコはファンジョーの教会の主任司祭となることを承諾し、カタル派の中心地であるこの町で、困難な司牧活動にもたずさわることになる。プルイユの修道院の最初の共同体をつくった十二人の修道女の名のリストが今も残っているが、それによると、数人は貴族階級に属した人たちであったことがわかる。女子修道院に隣接して、ドミニコと共に働く説教者たちや、家族ぐるみ、財産ぐるみで説教者たちの仕事を助けようとする人、あるいは、不安定な世情の中で少しでも安定を求めようとする人たちが住みついていった。事実、二年後の十字軍の嵐の中にあっても、プルイユは荒らされることなく、かえって十字軍の保護を受けてそこで生活を続けることができたのであった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

聖ドミニコ女子修道会

Author:聖ドミニコ女子修道会
長い歴史があるキリスト教カトリックの女子修道会です。日本では、学校や幼稚園、児童養護施設でキリスト教に基づく教育をしています。また、教会、病院、黙想の家、その他でも<みことば>を伝えています。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QR